★7月21日(土)開催!!シンポジウム「仮想世界の法と経済」参加申込受付中です!★



 「Second Life」と聞いて、私は最初、文字通り、第二の人生について書かれているブログ、つまり、私のような中高年向けのサイトかと思いました。(爆!)

 しかし、Second Lifeと言うのは、実際は、今世界で約780万人ものユーザーがいる3Dの仮想世界のことだったのですねー。なんと、この仮想世界では、仮想通貨を現金に交換できると言うのが特徴だそうで、僅か10ドルで始めて、なんと100万ドルの資産を築いた人もいるのだそうですよ。

  実際にのぞいて見ると、びっくりしますよー。この仮想世界セカンドライフ内に、人材会社あり、ブックオフあり、パルコシティあり。

 ユーザーは、アバターと言う自分の分身を使って、この仮想空間内を移動するのですが、様々な場所に様々な仕掛け(たとえば、ブックオフでは巨大本棚迷路が楽しめたり、パルコ内では焼き肉パーティーがあったり♪)があって、すごい面白そう。

 そして、セカンドライフ内での移動は、なんと、テレポートと飛行。自由に、どこにでも行けちゃうんですねー。 これは、巨大な仮想空間になりそうですよねー。

 セカンドライフの気軽な楽しみ方の一つには、チャットなどもありますが、使い方によっては、これはある意味、一つのビジネスチャンスとも言えます。


 何か新しい物が受け入れられる時、好奇心旺盛で、最初に受け入れるイノベーターと、  自ら情報を集め判断するアーリーだプターと、比較的慎重で、アーリーアダプターに相談するなどして始めるアーリーマジョリティと、うたぐり深く、世の中の普及状況を見て始めるレイトマジョリティ、最も保守的で最後に受け入れるラガードの5つに分けられるのだそうです。

 この中で最も重要になるのが、アーリーアダプター。この層の人たちは、オピニオンリーダーとして一般的な考えから外れることなく、新しい価値観や利用法を生み出していくのだそうですよ。なんか、かっこいいですよねー。

 まだ、日本では一般的ではないセカンドライフですが、いち早く、参入して、あなたもアーリーアダプターとしてチャンスを掴んでみませんか?

 そのためにも、正しい知識を身につけることが肝要です。「仮想世界」「Secondlife」「Web2.0」、この3つにピンと来たあなた7月21日(土)開催 のシンポジウム「仮想世界の法と経済」に是非、ご参加ください★7月21日(土)開催 シンポジウム「仮想世界の法と経済」参加申込受付中 ☆


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック