★2008年まきちゃんオススメ日帰り温泉・9「湯河原梅林とこごめの湯」(神奈川県)★

 全く、季節外れもいいところになってしまいましたが、息子の山梨在中の間は、せいぜい、温泉に連れて行ってあげようと、2月23日(土)には、湯河原梅林見物と、「こごめの湯」に行ってまいりました。息子がいると、運転手が二人(私も一応、運転できるのですが、ラパン専門なもので、ランクルはちょっと・・・爆!)になるので、ちょっと遠出ができます。

東富士五湖道路・須走I.Cから仰ぎ見る富士山です。
画像

箱根スカイライン、芦ノ湖スカイライン、湯河原パークウェイと走り、梅林のある幕山公園へ。
画像

入場料は、一人200円ですが、ここの入園券をこごめの湯で見せれば、200円割引になりますので、実質ただのようなものです。梅の花は、満開とまではいきませんでしたが、紅梅・白梅が約4000本あるとのこと、満開時にはさながら、「梅のじゅうたん」になるそうですよ
画像

しかし、花より団子の私たちは、まず、腹ごしらえ。梅うどんや、焼きそば、甘酒などを買い求め、食べていたところで、いきなり春の突風が!!!元々、風の強い日ではあったのですが、この時の突風はものすごかった!!あっという間に、うどんや焼きそば、甘酒等の乗っかったお盆が、お盆ごとひっくり返り、見事、息子を直撃!!息子のお気に入りの革のジャケットは、甘酒まみれになってしまったのでした・・・・

 うどんや、焼きそば等は、もうほとんど食べ終わっていたので、被害は少なかったのですが、ハンカチを濡らして、息子の服を拭いたり、周りの同情の眼を感じつつ、悲惨でした・・・今となっては、まあ、思い出の一つかもしれませんが。(苦笑)しかし、めげずに、ちらほら、梅の咲く山の斜面を1周。
画像

お土産に、湯河原の名物である、みかんを大量に買い込み、「こごめの湯」へ。こごめの湯は、足湯で有名な万葉公園の近くで、すごい坂道を登って行きます。有料駐車場は避けて、ちょっと奥のほうにある無料駐車場に車を止め、歩いて、こごめの湯へ。
画像

ここのお風呂は、なかなかのものですよ♪ひろーい、窓が開放的な大浴場は、大小二つのお風呂があり、かなり広いので、気持ちがいい!露天風呂から、山を眺めていると、いつまでも飽きません。待ち合わせた大広間に行くと、普段、風呂上がりにはごろりとなる主人が、今日は、息子がいるものだから、「もう、行これ(新潟弁)」と言うことで、折角だから、海を見て行こうと言うことになりました。

 真鶴で干物を買い込み、真鶴旧道から、小田原方面に行き、鈴廣に寄ったのち、箱根越えで、帰って来ました。今年の「湯河原梅林・梅の宴」は、3月16日で終了してしまいましたが、皆様もよろしかったら、来年是非、行ってみて下さいね★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック