★2008年まきちゃんオススメ日帰り温泉・12「ユラックス」(三重県)★

 ふぅ、やっと、3月20日までやってきました♪(苦笑)本日、ご紹介するのは、息子の引っ越しで訪れました、三重県四日市市の「ユラックス」です。山梨から、三重に行くだけでも、疲れ果て、引っ越しでまた疲れ果て、ゆっくりお風呂に入って、ついでに夕飯も食べて・・・と思い、一杯飲むために、わざわざ、タクシーで向かいました。

 感想は・・・うーん、一言で言うと、やっぱ、関東と関西では文化が違うんだなーとなんとなく、感じました。まず、中に入ると、入場料は外の窓口で買うんだと言う事で、(へぇ~、変わってるな。)と思いつつ、再び外へ。いつも通り、HPから印刷していった割引券を窓口に出して、「大人3人お願いします。」と言うと、「割引券は一人一枚必要なので、お一人だけ、割引料金で、お二人は通常料金になります。」とのこと。

 いやー、良く見なかった私が悪いのですが、関東では割引券って、普通は1枚で5名様まで有効と言うのが多いので、てっきり、そういうものなのだと思い込んでいました。って言うか、今までの私の経験では、関東の場合、たとえ、割引券が一名様のみ有効の場合でも、大概は、今回は特別ですよなんてことで、人数分割引きにしてくれることが多い(少なくとも、一人は割引であとは通常料金で…なんて言う応対はされたことがない…ような気がする・・・)

 なので、まず、出だしからなんとなく、釈然としない気持ちのまま、入館。すると、大広間では、ショーの真っ最中。舞台を明るく、客席を暗くしてあるので、当然、劇の間は、食事はできないとのこと。大衆演劇に全く興味のない、私たちは、あの独特な雰囲気に圧倒されながら、お風呂へ。

 お風呂は、いろいろな種類があって、良かったのですが、あちこちに、「アメニティを持ち帰らないでください。」だの、「歯ブラシはお一人様1個で!」とか、しつこいぐらいに張り紙がしてあるのが、とってもうざくて。失礼だけど、やっぱ、関西の人はがめついから、みんなが、持って帰っちゃうんだろうなーなんて、思いました。

 いやー、全くの先入観だとは思うのですが、どうしても、関西と言う違う文化圏にいると思うと身構えちゃって。(苦笑)なんだか、お風呂に入っているおばさんたちでさえ、みんな、怖そうに見えちゃう・・・なんて言うのか、関東だと、誰かが先にお風呂に入っていて、あとから、他の人が入ってきた場合、それとなく、脇によるとか、スペースをあけるのだけれど、ここの場合、「ジロッ」とにらまれた上に、「ふん!」ってな感じで、どっかり腰を据えちゃって、どいてくれないものだから、すっごく入りにくい!!

 先入観だとは思うんですよー、思うんですけど・・・なーんか、しっくりしない気分で大広間に戻ると、演劇は終わっていて、ほっとして、主人と息子と合流して、タクシーなので安心して、飲んで食っておしゃべりしました。

 食後は、もう一度お風呂に入って、ちょっとだけ、レストルームで休んだ後、再びタクシーで息子のアパートに帰りましたが、なんだか、疲れました。周りの言葉も違うし、違う文化圏にいると言う緊張感。あの、大衆演劇の独特の毒気・・・主人も息子も、同様だったようで、ちょっと懲りたお風呂だったかも・・・・

 お風呂は良かったし、フロントの人も感じ良かったし、大衆演劇の好きな方には、とってもいいところだと思います。今回は、私の調査不足でした・・・・(反省!!)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック