★2008年まきちゃんオススメ日帰り温泉・17・「御胎内探検」と「御胎内温泉」(静岡県) ★

 ここには、10月10日(金曜日)に行ってまいりました。三重に就職した息子が、9日に、実に7か月ぶりの、帰省をしてきましたので、主人もわざわざ、有給を取って、遊びに行こう!と言う事になりました。

 久々に車のハンドルを握る息子の運転で、中央高速から、東富士五湖道路を通り、国道469号線に入ります。このまま、まっすぐ行くと、富士サファリパークですが、「富士山御胎内清宏園」は途中で、右に曲がります。

 このあたりは、富士山大噴火(1707年)で埋まった溶岩地帯で、そのあとに樹木が茂り、変化に富んだ森に生まれ変わったのだそうです。

 受付で、入園料¥150を払い、レンタルの懐中電灯を借りて、いざ、出発!園内をお散歩しながら、目指す「御胎内」へ。この「御胎内」は富士山の噴火によって生じた「複合溶岩樹型」の洞窟で人体の内部に似ている事から、「御胎内」と言うのだそうです。1周155mとのことですが、中に入ると、本当に真っ暗!!懐中電灯1個では、心もとない感じでした。

 その上、狭い!!天井が低いところが多いので、かがんで進むのですが、これが意外にしんどい!!
画像

ここが、「母の肋骨」と呼ばれる場所で、本当に、岩が肋骨のようになっています。そして、このあとが、「産道」ということで、あまりの狭さに、ほとんど四つん這い状態になり、ズボンは泥だらけ、手はべちょべちょ。私や息子はともかく、体の大きな主人は良く通れたもんだと言うぐらいでした。ここを過ぎれば、すぐに出口で、本当に、「産まれた!」と実感できること請け合いです。

受付で、「ズボン汚れちゃったけど、この後、お風呂に入るつもりで、着替え持ってきて良かった!」と言う話をしたら、割引券をくれました。(ま、同じ経営ですからねー。笑)おかげで、通常、1300円の入浴料が、¥1000になりました。

清宏園から、「御胎内温泉」は、本当に目と鼻の先です。
画像

なかなか、綺麗な入口ですよねー。汚れたズボンを気にしながら、女湯に行くと、何と貸切状態!!さすが、平日、超ラッキー!と思い、写真撮りまくってしまいました。
画像

ここが、寝湯もある内湯です。
画像

ここが、富士山の溶岩を使った洞窟風呂。
画像

露天風呂からは、富士山も見えるのですが、この日は一寸雲がかかっていました。
画像

露天風呂も、超広いです。上は、手前の露天風呂です。
画像

で、これが、入って右側の内湯。こちらには、サウナもありました。これら、全部を一人占めって、ものすごい贅沢ですよねー。もう、ゆったり浸かって、遅いお昼を食堂で食べ、大広間で、ぐっすり。

帰りは、御殿場に来た時は、必ず、買って帰る、豚肉のみそ漬けを買って、帰路につきました。うん、なかなか、良かったですよ~★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

きなこ
2009年01月04日 00:53
こんばんは(^o^)丿
遅ればせながらやってまいりましたよ♪
渋谷で教えて貰った後、何度も(転居前のまきちゃん家に^_^;)やってきては読み逃げしとったのよね…ごめんね<(_ _)>
温泉ライフ☆、ステキです~~
2009年01月04日 16:49
 もっと、ちゃんと更新していれば・・・の話なんだけどねー。(笑)

 年末年始の1週間、食事の支度はすべて、主人任せのダメ主婦には、きなこさんのHPは、まぶしすぎる!!!(爆!)

 次回、もし、コメントいただけたら、是非、リンクしてねー。
きなこ
2009年01月04日 20:35
あはは~(^o^)
いいよ~ん(^^)v まきちゃんトコとリンクしとくね~♪
まきちゃんは、日帰り温泉マスターだね。
ウチは息子のアトピーがらみだから、
一箇所でお馴染みさんになってるよ~。
…でも、しばらく出かけていなかったので、
昨年末に箱根に行ったくらい…かな(^_^;)

この記事へのトラックバック